介護福祉士の仕事や役割、資格取得やキャリアアップについて

介護福祉士になるには

 介護福祉士は国家資格であるため、介護福祉士になるためには試験に合格をして登録をする必要があります。資格取得には、国家試験を受験して合格することと介護に関する専門の養成施設を卒業することの2つの道があります。

 介護福祉士になるための国家試験は、希望すれば誰でも受けられるというものではありません。受験資格を得るためにも2つの道があります。その1つは、3年以上の実務経験を積んだうえで筆記・実技試験を受ける、または、介護技術講習を受けて筆記試験を受ける、または、実務者研修を受けて筆記試験を受験するものです。もう1つは福祉系の高校を卒業することで、カリキュラムや高校の違いによって、筆記試験、実技試験、実務経験の有無などの要件が変わります。

 養成施設を卒業する道では、厚生労働大臣指定の介護福祉士養成施設を卒業することで介護福祉士の資格取得が可能となります。2年以上の養成施設を卒業する以外にも、指定科目の履修と1年間の養成施設の卒業など、さまざまな方法があります。初めから介護福祉士を目指す場合は、高校卒業と同時に資格取得を目指して進学することが多いようです。また、社会人になってから目指したり、途中転職したりする場合は、施設で実務経験を積みながら国家試験にチャレンジすることが多くなります。