介護福祉士の仕事や役割、資格取得やキャリアアップについて

介護福祉士の仕事

 介護福祉士は、身体や精神に障害がある人や日常生活に困難をきたす高齢者などを対象として、食事や入浴、排泄などの身体介護を行うことが主な仕事となります。また、要介護者の家族との相談やアドバイスなども担っています。日常生活に支障がある要介護者の食事や排泄、衣服の着脱、入浴などの介助や洗顔や清拭など、衛生管理に関する身体介護はとても重要な業務です。

 介助がどこまで必要かは個人によって異なるため、できるだけ自立した生活を支援するために適切な介護を考えなくてはなりません。施設入所利用者の支援は24時間体制となりますが、在宅介護では洗濯や掃除、食事や買い物など日常的な家事全般の援助も必要となります。利用者が自宅や地域のなかで、その人らしい生活を送ることができるためのサポートを行います。

 介護では、介護を受ける本人だけでなく家族とのコミュニケーションも大切です。介護に関する専門的な知識や経験で、親身に相談に乗ったりアドバイスしたりすることも介護福祉士の仕事です。介護食や福祉用具など、さまざまなジャンルに対する深い知識が必要となります。

 また、要介護者が家庭や地域で孤立しないように、周囲と繋がることができるよう社会活動を支援する必要もあります。仕事内容が多岐にわたり、広い見識や経験が問われるのも介護福祉士の特徴と言えるでしょう。