介護福祉士の仕事や役割、資格取得やキャリアアップについて

介護福祉士の役割

 介護福祉士は福祉業界、介護職のなかで特に注目される存在です。「人生100年」と言われる時代となり、日本人の平均寿命は年々伸びています。超高齢化社会にすでに突入しており、社会保障費の増加による財政負担も問題視されています。

 最近では健康寿命を延ばすことに力が注がれていますが、それでも年齢とともに健康を損ない、自分の力だけでは生活ができない高齢者や心身に障害を持つ人も少なくありません。人材不足が問題となっている各業界のなかでも、福祉業界で介護職に当たる人の不足は特に深刻なものとなっています。

 介護福祉士は活躍の場が多く、介護職で働くことを目指す多くの人が取得を目指す人気の国家資格です。高齢者福祉施設や身体障害者施設など、さまざまな施設で身辺介護や生活支援、相談・アドバイスなどをすることが主な仕事となっています。介護が必要な利用者とコミュニケーションを図りながら信頼関係を構築すると共に、高い知識や技術で質の高いサービスを提供することが求められています。

 介護は利用者に関する全てのことを担うのではなく、利用者が少しでも自立した生活ができるようにサポートすることが大切です。そのため、利用者の心身の状態を適切に判断し、適切な介護をする必要があります。福祉だけでなく医療や地域コミュニティなど幅広い分野と連携しながら、チーム一丸となって利用者をサポートするためのプランニング能力なども不可欠となってきます。
 そこで、今回は、介護福祉士の仕事内容や資格取得の方法、キャリアアップについてまとめました。


【介護職に関するおすすめサイト】
介護職は将来的にも需要が高くなる仕事ですので、派遣などの求人も多いです。こちらの求人サイトは介護職専門となっており、派遣や正社員など幅広い求人情報を提供しています